読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新潟の美容師、三林 稜が髪質改善のことを書くブログなんです。

新潟の美容師三林が書く。全ての方へ語る髪質改善へ道

新潟 美容師 パーマ理論 パーママイスター ケミカルマイスター 還元剤編

やるおやるおやるおおおおお?

今日もさんちゃんが語る薬剤講座!

カラーが上手いと思われがちなので!

僕はパーママイスターだということ!!

パーマこそ私の右に出るものがいない。
そう。
僕は右から左へ受け流しています。

左はガラ空きなので悪しからず!

と、日本語の心配されます。

ええ、理系なんで!

理系っていっても算数専門タイプなんで!

要はばかかもしれねっす。

愛くるしいなあ...





てことでパーマの還元剤についてお困りの方

きっといると思います。

今年で25歳 アラサーんばやし。の知識で
全て解決しましょう。

役に立つかどうかはあなた次第。

が...勉強はしてナンボです。

薬剤知識は必須です。

皆さんでおさらいしましょう!







パーマってのはまあ..簡単いうと
髪の毛の内部を切って
それをロッドに合わせて
固定する。
ただそれだけ!

カットの連動性が非常に大切。
それでしかないんだが...



要はウエイトの位置とパーマの回転数で
スタイルが決まる
本当にこれだけ。
これだけじゃないけど。
本当これの意識が大事

頭の中で如何にそれが考えてできるか?

要領がいい人はすぐうまくなります。






んで、今日は様々な還元剤について!

いきます。

アムロいっきまああああああす!







還元剤↓

チオグリコール酸
システアミン
サルファイト
スピエラ(ラクトンチオール)
GMT(チオグリコール酸グリセリル)




ごめんなさい。後なんかあったかな....
とりあえずこんなもんかなと...




美容室の7.8割は上から3つがメインでしょう

逆を言うと下から4つは知識がないと
まず扱えない還元剤

僕はサルファイトはかなり好きです。
使ってて楽しい薬剤ナンバーワンかなと。
てか扱いにくくすぎて使われないのが本音でしょう。





  • チオグリコール酸
パーマの王様ですね。
こいつが基準でパーマをかけている美容師が大半。こいつがどれだけかかるか..で、他の薬が弱いとか強いとか言ってる方が多いのではないか?
まず強い弱いとかそーゆーのいいから笑
そこじゃなくて髪質に合わせてアルカリ度だったりph値を考えましょう。
こいつは親水性と疎水性の中間でいわばオールマイティ
注意すべき点をあげるとしたら損傷毛に対してのアプローチ..事故ります!笑
パーマかけに行ってジリジリになった経験ある方その事故です。






これはチオグリコール酸と同等昔非常に流行った薬剤です。
親水性で還元はキューティクルの近傍を還元します。
問題なのはph値が基本的に高い物が多く
損傷毛に使用するとバサバサになる感が個人的ては強い。phの低いシステインもあるはあるんだがそれだとなんともパーマを表現するときにこれじゃなくていい感がものすごい...笑
加齢毛だったりのアプローチが非常に良いです。
ただ割と使い勝手は難しいのではないかと!






  • システアミン
チオ並にかかり低phでもかかるのが特徴
低phでかかるはあくまで損傷毛
中性以下で使用をオススメします。
縮毛矯正においても損傷毛にアルカリ性のシステアミンを使うとなんかべたっとした感じなる経験あるのではないかと?
これはマトリックスが表面出て熱で固まってしまって髪の毛がコーティングされてしまったような状態。
なんでシステアミンは使いやすいが!
間違えると大変なことにつながる危険性もあるので要注意です!
親水性疎水性に関して中間ですが...チオと作用される部分は違います!



あとは一言ずつ簡潔に!



サルファイト
phが高い!熱を加えることによってシスチン結合を切断で冷やすことで再結合。
まあ..酸化剤使ったほうがしっかり再結合します。
僕が何故これが楽しいというかオススメポイントなんですが...
phが高いのはあんまり良くないのですが...
冷やすことで再結合するところが良いです。
パーマってのはアルカリ除去しきれない場合と酸化不足によってのダメージが非常に多いのでそこをカバーする役目がサルファイトにはあるんです...
なので個人的には好きです。笑





スピエラ(ラクトンチオール)
臭い!がメイン。今のは大分臭くなくなってます。がうんこ臭いです。
酸性で疎水性で手荒れに繋がる方もいます。
酸性がすごくいい!ってわけじゃない。
酸性ストレートこの言葉に騙されちゃだめ。
がスピエラ自体は本当優秀。
簡単に言えばブリーチ毛でもかかります。
そして損傷はほとんどしません。


チオグリコール酸とグリセリンの結合したもの
スピエラに似てます
健康毛にはあまりかからないのが違い。
ただ加温するとチオ.システアミン同等の力がでます。過膨潤を起こさない。ダメージを起こしにくい還元剤の一つですね
ブリーチ毛でもかけれます。
疎水性です。


こいつも疎水性!
魅力なのがシスチン結合の切断の早さ
phを高くするとめちゃめちゃ薬剤が早いです。
スピード感が好きな方は好きな薬剤ですね。
薬剤があまり出回ってないのが残念



あくまで僕の見解で間違えてる部分もあると思います。
勉強してるつもりなんですが
どうしても勘違いだったりする部分はあると思うのでご愛嬌(´・ω・`)



一言で済まなかった....




パーマは楽しいです。

ダメージさせないためにこんなたくさんの薬剤があるので!
美容師は勉強あるのみです!


f:id:cby3884:20160414135930j:image

素敵なパーマライフのサポートしてます。


痛まない。
いや傷ませないパーマ徹底してます。


デジクリパーマ
クリープパーマ
ストカール

なんでも相談してください!
ご連絡お待ちしております!




LINE(38844649)